2007年06月20日

迷子札キャンペーン

お友達のマロンママさんが迷子ふだキャンペーンをされています。



ブログをお持ちの方、

迷子札を付けていない方は是非読みに行ってください。


仕事をしていて、ボランティアは出来ない、

シュータ以外に迎える事が出来なくてモヤモヤしていました。

けど、迷子札を付けて、ドッグラン以外では離さない…

愛犬をずっと守り続ける事も大切な動物愛護だと思えるようになりました。

まず、シュータを幸せにしないと意味が無いもんね。




マロンママから、バナー作成を依頼していただきました。

『迷子札を付けよう!!』と伝わるかな??


id_1.gif




気になった方、マロンママのブログを見に行ってみてくださいね。


↓ 下はダイエット日記です♪♪
posted by はね at 23:14| 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

知ることも大事……

先日、マロンママさんが動物愛護センター(保健所)へ
行った時の記事を書かれていました。

まだ読んでいない方は
是非下の2つの記事を読んで下さい。

Toypoodle MARRON 2006年10月2日 『「命」を預かるということ』

Toypoodle MARRON 2006年10月3日 『忘れないで』


本当は愛護センターへ行った記事を読んで、
私が思った事等を書いてリンクさせていただこうと思いました。
ですが、3日経った今も思ったように書けませんでした。

センターへ直接行かれたマロンママさんの記事を読んでください。

●● 知らなかった時の話 ●●
posted by はね at 21:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

私たちに出来る事

先日、広島県のドッグパークが閉園した事をお友達ブログで知りました。
『素敵な飼い主が見つかればいいな』と軽く考えていたのですが、
現在、悲惨な状況になっています。

大阪の動物愛護団体アークエンジェルズさんが動いてくださったみたいです。
480頭もの犬が犬舎に入れられ、1ヶ月以上餌を与えられていませんでした。

resucue.gif
(リンクをお願いします。)


今までも他のお友達ブログで色々なレスキューを見てきました。
実際、ボランティアをされる方もいらっしゃいます。
それ見て、何袋か買ったフードがシュータに合わなかったり、
おやつを与えていないけど、貰ったりしたら保管しておきました。
(治療費等でガム・おやつにはお金がいかないと思います)

『こんなに少なかったら、あまり役に立たないのでは…』
と以前は消極的に思っていたのですが、
犬を助けて下さっている団体は
お金がいくらあっても足りないだろうし、
物資も次から次へと無くなっていくのです。
少しでも役に立てるなら、
微力ながらも私も力になりたいと思ってました。

今回、非常に大変な状況を目の当たりにし、
初めて支援金・物資を送らせてもらいました。
小型犬1頭が少し普通の生活する位の少ない金額ですが、
それでも、そういう人が増えていったら
大きな力になると信じています。

辛い思いをしてきたわんこ達に
素敵な飼い主さんに迎えてもらえますように、、、

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

お力になってもらえる方は、
★いちごいちえ★さんで詳しい情報が乗っているので
そちらをご覧下さい。
posted by はね at 20:24| Comment(8) | TrackBack(1) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

百代連れ去り事件

お友達のブログ記事でフレンチブルの百代ちゃんの記事を見かけました。
『事件を風化させたくない』というご意思なので、転載させていただきます。

お友達ブログで百代ちゃんが行方不明になった…という記事は目にしていました。
『早く見つかればいいな…』と思っていたのですが、
まさかこんな最悪な結果になるとは思っていませんでした。


ぶんぶんさんの記事(びじゅちゃまさんの日記)転載させもらいます。

+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

『百代ちゃん、あきちゃんさんのところに帰ってきました。
でももう、その可愛い声を聞くこともできないし、
オシリをブンブンふることもありません…いえ、出来なくなって帰ってきたのです。

百代ちゃんが元気に帰ってきてくれることを願っておりましたが、
急転直下の結末を迎えてしまいました。
いえ、今となっては帰らなくてもいい、どこかで元気に幸せに暮らしていてくれたら…
そのほうがどんなにましだったか…と思ってしまうほどです。

まこちさんとあきちゃんさんはビラを配ったり、
ペットショップにお願いしたりして情報収集に努めておりました。
すると1本の電話があったそうなのです。内容は
「○○でフレンチブルが車にはねられるところを見ました。
即死のようで、その車が連れて行きました」
というものでした。
その後に、まこちさんのブログにも同じ内容の書き込みがありました。
そこで、病院や清掃局や考えられるところに問い合わせをしたそうですが、
百代ちゃんと思しき姿は発見されませんでした。

ほどなくして、有力な情報が入りました。
子供連れの女性が百代ちゃんらしきフレンチブルを連れて歩いているのを見つけたというのです。
同じマンションに住んでいる方が、偶然ビラを見ていて連絡をくれたそうなんです。

まこちさんとあきちゃんさんはそのマンションに行き、
事情を察してくださった管理人さんの同行を得て、チャイムを鳴らしました。
すると、その女性は
「ウチにネコはいるけどイヌはいない」
と、玄関を開けてくれないのです。
一生懸命訴えてると、あきちゃんさんの声に気づいた百代ちゃんが鳴いたそうです。
「中にいる」
と、確信した2人は辛抱強く説得した結果、やっとドアが開き、百代ちゃんの姿を認めた瞬間
百代ちゃんの身体は宙を舞っていたそうです…
その女性は何を思ったのか、百代ちゃんをベランダから投げ捨てたのです。
そのお部屋は6階でした…

半狂乱になって病院に担ぎ込みましたが、百代ちゃんは内臓破裂で即死でした。
外傷はなく綺麗だったそうです。

その女性は警察に連行され、事情聴取は受けたようですが、その後帰宅が赦されております。
そして、あの「交通事故うんぬん」という電話や書き込みは、
その女性が捜索を諦めさせようと画策したデマだったこともわかりました。
その女性は小学生の女の子と幼稚園くらいの男の子の2児の母だそうです。
そして、頻繁に違う犬種のワンコを連れて歩いているのを目撃されていました。
察するに誘拐の常習犯なのではないでしょうか
しかも、自分の子供の目の前で、そんなことをしているのです。』

もっと詳しくは puri☆pochi life!!さん茶々ママDiaryさんをご覧下さい。

+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

この記事を読んで、初めは『何でこんな事に…』としか思えませんでした。

百代ちゃん、せっかく飼い主さんの声を聞いて喜んだのに…
本当なら可愛がられて、楽しく過ごすはずなのに…
犯人の最後の行動で全てが無くなってしまいました。
高い所から恐かったやろうに、、、
痛かったやろうに、、、
百代ちゃんの味わった恐怖を考えると、
とても悲しくなります。


犯人は人としてありえない事をやってしまいました。
なのになぜ帰宅が赦されているのか…
もう、怒りしか湧いてきません。
幼い子供が見ていた…そんな事、どうでもいいです。
ただ犯人が憎いです。
百代ちゃんと飼い主さんの気持ちになったら、とてもやりきれません。

少しでも多くの人にこの悲しい事件の事を知ってもらい、
警察やマスコミが動く事を願っています。
今もあの犯人はのうのうと暮らしているのですから。


一番に伝えたい事は、犯人のことではありません。
犯人のことや刑罰のことは何も考えられないのです。
飼い主さんが伝えたい事は、

「お願いだから気をつけて!皆さんの身近にも危険があります!
愛犬を守って!私と百代のような思いは絶対にしないで!!!」

ただただそれだけなのです。


飼い主さんからの私達、犬の飼い主へのメッセージです。
すごくすごく辛い中、伝えて下さってます。

上手く書けませんでしたが、、、
百代ちゃんが天国で幸せになっていますように、、、
百代ちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
posted by はね at 21:37| Comment(10) | TrackBack(1) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

迷い犬【2】

散歩していたら、ノーリードのJRTが近づいてきた。
とっさにシュータを抱っこした。
広場でもないのに…と飼い主を睨んでやろうと思ったけど、
周辺に飼い主らしき人はいない。

そのJRTは人間にはそんなに興味なくて、
犬が好きそう。
シュータを抱っこしたら、
興味なさげに離れていった。
そしてキョロキョロしながらトコトコ歩いている。

カラーをしているし、(迷子札は付いてない)
洋服も着せている。
ワンコ・洋服共にキレイにもされている。
捨て犬ではなく、迷子犬だ。

このままほっといたら何か危害を加えたり、加えられたりされたら危ないから
とりあえず飼い主を捜そうと思った。
きっと飼い主も焦って捜しているはずだ。
シュータをおろしたらまたJRTがやってきた。
手持ちのリードはシュータに付けている分だけだから、
シュータのリードを外し、すぐに抱っこした。
そしてJRTにリードを付けた。

そこの公園は、緑道があって、広場が沢山ある。
犬連れの散歩中の人に
『犬を捜している感じの人はいなかったか?』
と聞きながら色々な広場・公園に行って飼い主を捜した。

…が、暗くなっても見付からず。
遺失物法が改正した事は知っているから、
交番には届けたくない。
けど、うちではとても預かる事が出来ない。
JRTには悪いけど、交番に預かってもらう事にした。

リードに繋げず、
自由に探させてあげた方が良かったかな??
いらん事してしまったかな??
何もしてやれんかった自分が悔しい。

家に帰ってからJRTのブログを回ってみたけど、
大阪で『迷子になった』という記事は見当たらなかった。

どうか、飼い主が冷静になって警察・保健所に連絡をいれますように…。


+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

『もし●●をしていれば…』ってのは思っても仕方がないけど、
やっぱり飼い主が

『ノーリードにしなければ迷子にならなかった』

『迷子札を付けていればすぐに連絡できた』

…と感じる。
4月にマルチーズを見付けた時もそうだけど、
少し気を付けていれば起こらなかった事だ。

特に迷子札は、何か遭った後に役に立つ物だから、
邪魔と思っても付けた方がいい。
実際、邪魔じゃないけどね。

シュータは家でも外でも迷子札を付けるようにしている。
ブラッシングの後とかは長い間忘れたりするけど、
(ってか最近忘れ続けてた…)
何かあった時のために必要と思ったから付けている。

外用はシュータの名前・飼い主の自宅電話番号・携帯番号を記している。
もし、何かがあった時、
誰かを自宅待機してもらっていたら
思いっきり外を探す事ができるからね。

06_0902_02.jpg


家用はシュータの名前・飼い主の名字・携帯番号を記していても、
こんなに小さい。

06_0902_01.jpg


これだったらそんなに重たくないし、邪魔そうに見えないでしょ??

うちはマンションで、行動範囲はリビングだけだし、
もしリビングのドアを突破しても、玄関のドアが常に締まっている。
もし開いてたとしても、ポーチが締まっている。
そこを突破出来ても、エレベータはさすがに犬1頭では乗れない。
非常階段も、出口は鍵がかかっていて犬では出れない。
もし出る事が出来ても、最後はロビーの自動ドアはシュータの体高では開かない。

普通に考えたら、99.999%家から行方不明になる事はありえないけど、
00.001%のために家でも迷子札を付けている。
『ありえない事』が起こった時のための対策は必要だから。


今回は迷子札さえあればすぐに解決出来た事だと思う。
見た目・デザインを気になるのでしたら、
色々な素材・形が出回っているので、
ワンコに合った迷子札を付けてあげてください。
今回の事で、私もシャンプー後もきちんと付けるようにするので、、、

ワンコを守ってあげれるのは飼い主だけです。
少しでも、飼い主から離れて不安になるワンコが減りますように。。。
posted by はね at 20:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

ペットショップでの出来事

よく買い出しに行くペットショップが1周年を迎えて
『トイレシート安くするから来やがれ!!』
とハガキが来たので
お店の思惑通り、まとめ買いに行ってきた。

ここはペットグッズ・ドッグカフェ・ドッグランが併設している大きなペットショップ。
車を下りたら……
トイプーがいっぱいだヽ(゚∀゚*)ノ
オフ会かしら(*≧m≦*)

レッドプー数頭&黒プー&ブラウンプーが♪♪
生のブラウンプーって初めて見たからすっごく興奮。
かなりの不審者になっとりました。

060826.jpg


店内でもトイプー4頭程発見。
今日はプードル祭か??

店内はリードを付けておけばワンコも店内を歩いていい。
…って言っても、うちはツルツルな床で滑ってしまうから
シュータは抱っこで店内へ。

すると、2ワン連れの人が商品を見ている間に
女の子ワンがオシッコをしてしまった。
商品にカゴに入れて、気付かず立ち去ろうとしている、、、
いつもなら、あまり関わりたくないから
『店員さん可哀想やな〜』って思いながら通りすぎるけど、
その人は男の子と女の子ワンを連れていて、
男の子ワンはマナーベルトを付けていた。

それを見て、
『この人はマナーの事を考えてるけど、今は気付いてないだけ』
と思って、気弱に
『あのぅ、今オシッコしちゃいましたよ(・ω・)』
…と言ってみた。

その飼い主さんは、焦ってカバンから
トイレシート・トイレットペーパーを出して片づけていた。
良かった、きちんとしている人で、、、

ホームセンターとかではカートに乗せてるけど、
周辺ペットショップでは歩く事を許可している所が多い。
ショップに来てるって事は
気になる商品があるというわけで、、、
その間は自分トコのワンをちゃんと見れないわけで、、、
もうちょっときちんとした対策をするべきでは?? と感じた。

…って言っても私もカフェでオシッコ&うんこさせてしまった
駄目な飼い主だけど_| ̄|○

帰りにドッグラン&プールを見て
『ホームセンターに行こう(゚∀゚)』と決めた飼い主、、、
次は一体何を買うのでしょう。
次回(明日とは言えない)のお楽しみ♪♪

●● ライフジャケット、その後 ●●
posted by はね at 21:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

集合住宅での飼育

会社帰りはなかなか忙しかった。
歯医者に行かんとあかんし、
(まだ親知らず抜歯の完治してません。治癒力しょぼすぎ(ρ_-)o)
マンションのペット委員会に出席しなければならなかったのです。

うちのマンションでは、犬・猫を飼う場合はクラブに入会する事を義務づけられています。
今日は委員会が開催されました。
議題内容は『ペットのマナー、躾について』です。

マンション規程では、
・マンション共有部分では抱っこ・又はケースに入れる
・ポーチ・ベランダでの飼育は禁止
・大きさ制限(中型でも小さい部類がギリギリ)
・適切な躾をする

特に犬についての苦情が多いらしいです。
詳しい内容は…情けないもんです。

・エレベータ内での糞尿
・共用廊下での糞尿
・駐車場内の糞尿
・植栽部分での糞尿
・屋上ガーデンでノーリードで遊ばせている
・屋上ガーデンでの糞尿
・ロビーを走行させている
・鳴き声がうるさい
・ベランダでブラッシングさせている

本当に情けない内容です。
今の部長さんは猫を飼っている方で、犬が苦手な方でした。
なので、部長さんの正直な気持ちが聞けたりして、
進行は早く、かなり内容の濃い委員会でした。

自分はきちんとしているのに、数人の決まりを守らない人の為に自分達までそんな目で見られている…とは思っていました。
エレベータでも、『一緒に乗らんといて』と言われた事があります。
それは…仕方がないことだとは思います。
犬を飼っていても、マンション内に犬のうんこが落ちてたら腹立つし、
廊下を歩いてるのも、『決まり守れよ』と思う。
マンション敷地内を汚くしている犬の鳴き声が聞こえたら、
小さな声でも腹立つでしょう。

内容は、『ペットを飼っていない人からどうやって名誉挽回(?)していくか』という内容でした。

大半部分は『共用部分で下に下ろさない』で解決します。
全員きちんと発言し、ほとんどがマナーについてきちんと考えている人たちでした。
今回の事で、きちんとしていこう…と思った方もいらっしゃると思います。
委員会でこんなに白熱した話が出来るとは思っていませんでした。

『ペットOK』という言葉にすると、一部の人は
『何してもいい』と思ってしまうのでしょうね。
ですが、集合住宅なので規則はきちんと守るべきだと思います。
『規則を守るのなら、ペット飼っても良い』くらいだと思います。

残念ながら、クラブに入会していない人は多いです。
義務づけられているのですが、かなりの人が入会していないです。
今回の委員会に参加していて、まだ決まりを守らない人っていうのはいないと思います。
もし、今日以降まだ決まりを守らない人がいないのなら、
クラブに入っていない人だと思うのです。
それくらい、納得のいく内容だったと思います。

うちが治すべきことは…
警戒吠えかなぁ。
ちょいと対策を練らなければ。。。


なんだか頭が固くなってきたから
ちびシュータとツーショットでも。

0518.jpg


う〜ん、可愛い(ちびシュータが)
ほんわかだ。
posted by はね at 23:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

第2の犬生

朝散歩中、珍しくレッドなプードルに出会った。
遠目から見て、『おじいちゃんプードルかなぁ??』と思うような足取り。
向こうの飼い主さんも同じ朝から同犬種に会えるのは嬉しかったらしく、
ニコニコしながらこっちに来てくれた。

お話をしていたら、
同じマンション、しかも同じ階という事が判明ヽ(゚∀゚*)ノ
こういう偶然ってすっごく嬉しい♪♪

飼い主さん:『まだこの子若いよねぇ?』

はね:『1歳過ぎた所です。この子は??』

飼い主さん:『4歳なんですよ。』

はね:『へぇぇ〜。(…にしては体の毛並みがもっと歳に見える…)なんて名前なんですか??』

飼い主さん:『ぷー太郎です』

はね:『!!Σ( ̄ロ ̄lll) プータローっすか…』

飼い主さん:『そう、ぷー太郎(^-^)』

そしてお互い出勤前で時間がないのに延々と話をする飼い主達、、、

飼い主さん:『先に猫を飼ってたんですけど、、、1ヶ月前にこの子がきて、犬と猫の違いにとまどったりしたんですよ〜。』

……??さっき4歳って言ってたよーな、、、

飼い主さん、何か察した様子で

飼い主さん:『この子、保健所に連れて行かれる直前に保護されて、そして家に来たんですよ。
皮膚病にかかって、足の毛は生えてないの。
保護してくださった方は、劣悪な環境で育てられたからって言ってたのよ』


4歳にしては動き・見た目が年老いているように見えたはずだ。
よっぽど辛い思いをしてきたんだろう。
私がぷー太郎を撫でまくっていると
飼い主さんが『おねえちゃんに撫でてもらって良かったね(^-^)』
っと何度も言っていた。

全然吠えないし、問題な行動は見当たらなかった。
すっごくいい子だった。
今までネットで保護犬とか劣悪な環境で育てられている犬を見てきたけど、
直接同じような体験をしてきた子を見て、
やっぱり、現実で起きている事なんだと改めて思った。

マンションまではぷー太郎の飼い主さんとおしゃべりしながら帰った。
その時飼い主さんが
『この子はプードルだから、私達が引き取らなかったとしても他の飼い主が見つかったと思うの。
だから、私達は他の見つかり辛い犬を引き取るべきかも知れなかった。
けど、プードルは前から可愛いって思ってたから、ついこの子に決めちゃったの』

飼い主さんは照れた笑いのような…そんな感じで話してくれた。

こんな心の優しい人っているんだなって思った。
ぷー太郎はとっても優しい表情をしていた。
きっと以前と比べようもない位平凡だけど素敵な日々を過ごしてるんだろう。
まだまだ治さないといけない事が沢山あるみたいだけど、
ぷー太郎の第2の素敵な犬生がずっとずっと続きますように、、、
、、、ってあの飼い主さんなら確実でしょう。

って事で、ぷー太郎さん、今日匂いを嗅ぎまくっていたシュータ共々よろしく!!

0424_01.jpg


……シュータと顔が似てるぞ(*≧m≦*)
posted by はね at 23:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

CREA2月号の感想

犬特集だったのでCREA2月号を購入しました。
躾の本以外は、プードル専門の本1冊買っただけなのでこういう娯楽本は久し振りです。
他犬種の小型犬への苦情みたいなのがあったり、飼い主へのアンケートはとても為になり、充実した内容でした。

飼い主に可愛がられ、愛らしい表情の犬が掲載されている中に『保健所に収容された犬たちの、ふたつの明日 写真ルポ「いぬのうんめい」』という記事が掲載されていました。

私は一度本屋で『どうぶつたちへのレクイエム』という写真集を立ち読みしたので保健所の現状を知っていたのですが、
CREAの特集名→『気絶するほど犬が好き!』の中でこの問題の事を取り上げて、今回CREAを買った犬好きが保健所に収容される犬・猫の現状を知るのは良いことだと思いました。

数時間・数日後に殺処分される犬達の写真等、衝撃的な記事ですが、現実に起きている事です。
捨て犬・迷子犬の他に『言うことを聞かないから』『飽きたから』という理由で保健所に連れて来られた犬が炭酸ガスで窒息死され、燃やされて灰になっていくまでを記事にされています。
すごく心が痛む内容です。

以前読んだ『どうぶつたちへのレクイエム』の方には、老犬の最期を見るのが悲しいから(苦しんでいるのを見たくないから)、自分の目の届かない所で逝ってほしい…と言って飼い主が直接保健所へ連れて行くのも多いみたいです。
何て自分勝手なんだと思いました。
誰だって直接病気で苦しんでいるのは見たくないし、老いて動けなくなってゆく犬を見るのは辛いし嫌やけど、見えない所で苦しんで窒息死させるのはいいのか??
誰だって自分の犬が老犬になって、苦しんでいる所は見たくないけど、よっぽどの事が無い限り自分より早く死ぬ…という覚悟で飼い始めたんじゃないの??

人気犬種のトイプー、しかもレッドを選んだ私が『ミーハーで飼うな』とは堂々と言えないかもしれない。
けど『こんなハズじゃなかった』と言って捨てる人・保健所に連れていく人の気持ちは全然わからないし、実行している人はどういう神経してるんやと思う。
もし後悔してたとしても、許せない事をしていると思う。

けど捨てた人の批判を続けても前には進まないし、そう簡単にこの悲惨な現状が変わるわけでもない。
それでも、『私は何も出来ないのか、何か出来ることがあるのか』と考えてしまいます。
今、確実に出来る事はシュータを迷子犬にさせない事。
今は多頭飼いを出来る状況じゃないけど、いつかまた犬を迎える時は保健所に目を向ける事。
残念ですが、写真集・CREAに載っている保健所の犬はこの世にはもういません。
それでもこれから保健所で「処分」される犬・猫が減っていくように、センターの犬を迎える事が出来なくても、手助けになるような事が出来れば…と思っています。

いつもの散歩やドッグラン・カフェ、ブログで犬との幸せな生活を毎日のように目にしています。
ですがほんの少しの幸せさえ掴む事の出来なかった犬・猫達があんなにいっぱいいるのも現実です。
人間に裏切られ、殺されていく犬達の悲しい目を見てほしいです。
犬を飼っている人・これから飼おうと思っている人、立ち読みでも何でもいいから、この特集を見てもらいたいと思いました。

あまりまとまった文章にならなくて分かりにくいかと思いますが、思った事を書きました。
私のような飼い主への批判ばっかりの意見じゃない方々もおられます。
是非見てきてもらえれば…と思います。
【Requiem for **今、犬達が伝えたい事**】
posted by はね at 21:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

犬を飼うという事

お世話になっている訓練士さんのブログで以前に、『犬を飼うってステキです −か?』っていう動物愛護読本が紹介されてました。

『これから念願の犬を飼うぞ!!』っていう人に読んでほしいなって思ってます。
このブログを読んで下さってるほとんどの方は犬を飼っているかと思いますが、
すでに飼っている私は途中で涙が出そうになる位、入り込んでしまいました。
是非読んでみてくださいね。

●今回は超ロングな記事ですが…読んでくれます??●
posted by はね at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ワン飼い主のマナー

まろぶら日記のsaekoさんが、私たちワン飼いが考えさせられる日記を書かれていました。
区営ドッグラン施策についての意見を求める掲示板を読んで、
飼い主のマナー等、saekoさんの意見が書かれています。

MarronとBrunとFerrariへの長い寄り道 2005/09/08より
犬を飼っているもの、一人一人の意識が上がらないと、犬を飼うのが難しい世の中になります。
誰もいないと思ってノーリードにしても、ノーリードの犬がいるから公園に入れない人がいるかもしれません。
糞は持ち帰っているつもりでも、糞が落ちた場所で子供を遊ばせたくないお母さんがいるかもしれません。
(そんなこと存っていると犬を遊ばせる場所がなくなってしまうかもしれませんが・・・)
掲示板は、耳の痛い話が多いですが、犬を飼ってしまった故、見えなくなっている、飼わざる人の意見がたくさんあります。


特に『誰もいないと思ってノーリードにしても、ノーリードの犬がいるから公園に入れない人がいるかもしれません。』
ってのが共感しました。
数年前まで、私がそうだったからです。

この日記とこのまろぶら日記を読んで、
『私は、犬を飼ってない人から見て、不愉快になるような飼い方をしていないか??』
と思いました。
先に『飼い主の立場』になって考えたのです。
私が散歩している時に、他の人が嫌な思いをしたら、本当は私のミスでも嫌な人からしたらシュータのせい。
シュータの為にも飼い主の私がきちんとしなければ。
うんこはもちろん持って帰っている。
ノーリードにもしていない。
歩道で人が通る時はリードを短く持っている。
吠えるのも我慢させている。
私は大丈夫なのではないか??

そして、まろぶら日記のBBSの書き込みを読んだら、もっと違う思いが出てきました。
2回目のうんこの時は、地面にへばりついて、完璧には取れていない。
きっと、ちょっとした染みでもその場面を見たら嫌になるだろう。
『犬好きではない人』から見たら、まだまだ改良するべき事があるのではないか。


もちろん、ノーリードで犬が走っている姿を見たら飼い主も嬉しくなります。
だから、『犬の飼い主』の私としてはドッグランを作るってのは賛成です。
(税金の事は考えていない意見ですが)   続きを読む
posted by はね at 00:57| Comment(5) | TrackBack(1) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

マンションの決まり

うちのマンションには、『マンションの敷地内は犬・猫はキャーリー又は抱っこして移動する』という決まりがあります。
大きさ制限があるので抱っこは出来るはずです。
ほとんどの住民が決まりを守って外まで抱っこして、そして散歩を始めるのですが、今日は決まりを守っていない人がいました。。。
堂々と綺麗なロビーで歩かせている。
キャバリアやから抱っこは出来るはずなのに。
それも中学生くらいの娘もいてるのに。
荷物があってもどっちかが抱っこできるやろうに。
コーギー飼っている人は、最近マンション敷地内だけカートを使って移動しています。よく重そうにしていたので、買ったのでしょう。
『うちの子はオシッコはしないから』とか、『いい子やから』とかじゃなく、決まりは決まり。守るべき。
こういう小さな決まりでさえ守れない人がいてるから、犬立ち入り禁止の公園があったりするんじゃないかなぁ。

偉そうな事いってるけど、そういう人に遭遇しといて注意出来ない自分が情けなくて自己嫌悪中。。。


*−−−−−−−−−−*


よく他のブログで見かける、吉岡油糧のお試しセットが届きました。

0827.jpg


これだけあって、送料込みで100円です。驚きの価格です。
『安過ぎないか??』っとちょっと疑いましたが、他の飼い主さんも利用されてるようやし、ワンコごとに合ったフードを選んでくれるそうなので試しに注文したのです。
シュータは涙やけが気になるので、注文時に記入しました。
これで涙がマシになったらいいのですが。。。
期待しているけど、もし何も変わらなかったら今まで通り、アボパピーに戻る予定。
100円でもらっといて、追加注文しないのは申し訳ない。。。
なにか変化があれば、またブログで報告します。
posted by はね at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

子供と遊んでみた

父の知り合いのお子さんが我が家に遊びに来ました。小学2年生の女の子です。
今まであまり子供とは接した事が無かったので、シュータと遊んでもらって良かったです。その子はワンコと遊ぶのは慣れていたので、いきなり顔を撫でずに、背中を触ったり、下から顎を触ったりしてました。シュータをお腹を出して喜んで撫でてもらってます。
思ったより興奮しないで、遊んでました。よかった、よかった。

*−−−−−−−−−*

2日前と今日、散歩の途中で野良犬に遭遇。雑種には見えなくて、おそらく黒のラブラドール。
シュータの散歩デビュー頃に、他の飼い主さんから
『最近、黒の野良犬がいてるから気を付けた方がいいで。中型犬より大きいから、もし近寄ってきたらシュータくん抱っこしてあげないと噛まれるよ。人間じゃなく、犬に攻撃するから…。もし近寄ってきたら持ってる鞄で叩いたら逃げていくよ。』と言われていました。
もういないだろうと思ってたら、会ってしまったのです。
話を聞いたのが1ヶ月前。そしてどう見ても純血種。もし迷子犬だとしたらすでに見つかっているはず。となれば捨てられたんだろう。
ラブラドールは、テレビでみたら『盲導犬になれる位賢くて、大人しい犬』と判断してしまう。きっとちゃんと躾が出来なくて、やんちゃなままで成長してしまって困って捨てたんやと思う。
訓練士さんに聞いたら、大人しいというイメージだけで、ラブラドールやゴールデンを飼って、予想外にやんちゃで手こずるから捨てられるってのが多いらしい。山の木に繋いで捨てていくってのも多発してるらしい。

まぁ、捨てられたってのは私の想像やし、本当に脱走したかもやけど、やっぱり捨てられたと思う。前の飼い主はどんな思いでラブを捨てたんやろうか。『その内保健所に連れていってもらえる』と思ってるのか??そこで安楽死させてもらえると思ってるのか??そう思ってるんやったら、やっぱり許せない。保健所では安楽死ではなく、ガスを使って、猫・犬が苦しみながら殺されていく。一度でも家族になったワンコがそんな思いしてもいいの??

きちんと躾が出来なかったら、お金を出せば訓練してもらえる。どうしても飼えなくなったら自分の信用出来る人を探して里子にも出せる。ラブやったら、その気になれば見つかると思う。そういう判断が出来ないのか??

私は小型犬を飼っているから、大型犬を飼っている人の苦労は分からないけど、捨ててはいけないってのだけは分かる。捨てられた犬が可哀想すぎる。

だから、近所の野良犬を叩いたり蹴ったりするのは抵抗がある。けど、私はシュータを守らんとあかんから、野良犬が嫌がる事をしなければならない。心が痛むけど、餌をばらまいて気を反らしてる間に逃げたりしたら、その犬は同じ事を繰り返しそうやから。。。

ラブでまだ若いと思うから、誰か拾ってくれる事を願ってます。
posted by はね at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬について思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。