2009年01月25日

鶯小屋へハウス

親父が楽しそうに工作をしていた。

09_0125_01.jpg

自分が育てた梅の木に、鶯の餌付けな小屋を付けたいらしい。
『ここにミカンを半分に割って入れるねん』
と、説明なぞ聞いてもいないのに説明をしてくる。
こっちはテレビの観覧中にヤスリの音が聞こえて不機嫌だというのに。

09_0125_02.jpg

『一から俺一人で作ってんぞ(゚∀゚)v』

…うん、まぢでどうでもいい。

とかいいながら。
翌日親父が外出をしたのでちょこっと触らせてもらう事にした。

09_0125_03.jpg

形が犬小屋ちっくに見えてしまった。
こうなったら、、、試すしかない。

■ 仕事中にこっそり&深夜な方は音に注意 ■


自分の体の大きさを分かってしまっているようで。。。
勢いよく入ろうとしなかった。
顔さえ入れときゃいいだろう…とか思っているんだろうか。

09_0125_04.jpg

うん、まぁ、、、よく頑張った。
posted by はね at 15:39| Comment(6) | TrackBack(0) | シュータの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワッハハハ〜!
音というより自分の笑い声に要注意でした。。。

シュータくん、一生懸命でけなげだわ〜。
それにしても「頑張れ!」とは無茶な・・・
顔だけスルッと入って抜けなくなったら大変!
Posted by マロンママまりん at 2009年01月25日 21:01
■マロンママまりんさん■
もうちょっと若ければ困ったそぶりしてくれてたと思うんですけどね〜。
いい具合にオッサン犬になったので
誤魔化されちゃいました。

顔が抜けなくなっちゃったら、、、
考えるだけで恐ろしいです( ̄ロ ̄lll)
Posted by はね at 2009年01月26日 19:11
はねさん、何やってんの?
でも、おかしくてデカい声だしたから横でcolonがびっくりしてるわ(笑)

くれぐれも、頭抜けなくなると大変なんで気をつけてよ!
Posted by colonママ at 2009年01月26日 20:57
ポパイなら、躊躇い無く突っ込む派やな。

小屋が壊れる勢いで行くな・・・

そういえば、昔、バリケンの200を庭で洗って(仕事用)干してたら、入ってたわ。
すっごいコンパクトに納まってたわ・・・。
Posted by ヒライ at 2009年01月27日 19:09
はねさん地味にいじめすぎ(ぷっ)
それに応えるシュータ君ももう「コヤジ」だわ(プッ)
もうシュータ君も若くないから必死さがなくなってきたね、デュンも最近こういうオヤジ風な誤魔化しするのよ。
Posted by デュンママ at 2009年01月29日 20:24
■colonママ■
これは試したくなっちゃうでしょ〜。
入られへんくて困ってる所見たくなっちゃいますって。

頭抜けなくなったら恐いんで
もうしないようにしまっす!!



■ヒライ先生■
確かにポパイ君なら突っ込みそうですねぇ。
入れなくてハテナ撒き散らしてそうです。

200ってシュータのんより一回り大きいのんですよね。
狭いところが安心すると言うても限度が…



■デュンママ■
そうそう、必死さが無くなってくるんですよ。
『これでOKが出るだろ』っていう雰囲気がプンプンしとります。
ちょっと前やったら必死に入ろうとしてくれてたと思うんですけどねぇ。
ま、お互い大人犬になったって事で、、、
Posted by はね at 2009年01月31日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113139640

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。