2005年12月23日

危険を予測した運転

今日は技能2限・学科1限の3限連続のセット教習。
教習生3名、教官1名を乗せて、
教習生が交代で運転をして、
運転をしていない時は『危険を予測』しながら見学する項目。
そして3限目の学科で互いの運転に対する
ディスカッションをする。

簡単に言えば…
下手やった奴の運転を
3限目にめった打ちにするセット教習(´Д`lll)
とにかく気が抜けねえです。

他に人がいてるって言っても、
3時間連続なので教官は重要。
配車券を見たら、
以前担当してもらった一見真面目そうな受付のお兄さん
とりあえず、ホッとしました。

メンバーは、
20代後半と思われる中国人の女性と
大学生の今時の男の子。
そして私、20代半ばの…女性??
10代が大半の教習所で
このメンバーはかなり微妙なメンバーであろう。。。

順番はジャイケンで決めました。
私はジャイケンがすっごく強いので、勿論勝ちました(*^_^*)
一番最初に乗って恥を晒すのは嫌やけど、
緊張したまま後ろの席にいるのも嫌。
ってことで、一番を選びました。

教官以外に人がいるだけですっごく緊張。。。
変に力入ってしまう。大丈夫か、私!!!
………という心配をよそに意外にいけたヽ(゚∀゚)ノ
いつもよりブレーキ効きにくくて
ちょろってカックン停止になったけど、まぁええとしよう♪♪

次は中国人の女性。
右折・左折は一瞬考えてしまうみたいやから
教官が指で右・左を指示。
私も指でやってほしいなぁっと思ってみたり。
3時間に1回は指示器間違えるからね。
この女性は、進路変更の時の急ハンドルが恐いかなって感じ。
けど技術的な事は教官が言うから
ディスカッションのネタにはならんな。残念。

次は大学男子。
教官が『この子はMTを取りに来てるのでATはあまり乗っていません。
練習しながらなので、運転の事は目をつむって下さい。』

……こえぇよ!! Σ( ̄ロ ̄lll)
そんな事言うなよ!!

そんな事言いながらも、やっぱり3人の中で大学男子が一番上手いかな。
安定してる動きやし、
安全確認もきちんと出来てるから安心して乗れました。
私もあれくらいならねば!!

2限目も1番目は私から。
1限目の終わりに褒められたからちょこっと鼻歌まじりで出発ヽ(゚∀゚*)ノ
ここで忘れていたことが…
私は『褒めれば伸びる』タイプじゃない。
褒められたら一気に落ちるタイプなのだ。
って事で、路上初のかなりキツイ補助ブレーキをされちまいました。

制限速度40km程度の道を気持ち良く走っていた。
信号の無い横断歩道もちらほら。
通りたそうにしていたおばあちゃんを見つけて道を譲っていた。
……までは良かった。
ず〜っと信号が無いと思いこんでた私はあまり上を見ていなかったのでしょう。

教官:『赤、赤、止まって!!!』

教官・私、二人で急ブレーキ。
危うく信号無視する所でした。
人がいなかった事がせめてもの救い??
初めて教官にスイマセンと言ったかも。
第一段階の時は
『勉強にきてるから失敗が当たり前』と思うようにしてたから
意地でも謝らなかったからね。
今回は普通に『お手数おかけしました』思っちまいました。

そして、3限目のディスカッション。
やっぱり、『信号無視未遂』の事を言われてしまった(ρ_-)o
それ以外は和気あいあいと危険な事を話し合えて良かったっす♪♪
自分と同じ段階の人の運転見るってかなり勉強になったし。

帰りに、中国人女性とちょこっとしゃべりました。
『技能より、学科試験が難しい。引っかけ問題が多くて意味が分かりにくい』
と言っていました。
確かに、日本語勉強している人にとっては
技能より、問題を読み取る方が大変かも。。。

明後日はいよいよ『高速教習』です。
早く乗りたいような、乗りたくないような。。。。
微妙な心境。
posted by はね at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教習日記・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10978759

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。